社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験に、約40日間の短期集中過去問中心勉強法によって、一発合格できた私の学習方法と受験体験談をお伝えします。
長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスも提供しています。
初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。

ブログ筆者の経歴を紹介します。



高校・大学ともに偏差値50台の中堅校出身。高校時代の3教科代ゼミ偏差値40台でした。


勉強が大嫌いな私は、大学入学後に、無知ゆえに痛い経験をたくさん味わいました。

21歳の時に、「このままでは社会で通用しない」と、手早く自信をつけるために、漢検2級から資格取得をスタート。



漢検2級→秘書検2級→漢検準1級→秘書検準1級→宅建→社会福祉士



という順で、全て過去問中心の独学学習法で合格してきました。

最短合格のために大切なのは要領です。

このブログでは、社会福祉士のみならず、宅建を筆頭とした他資格にも通用する勉強術も併せて解説・紹介します。



「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

傾聴というけれども

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
私が10年個人的に続けている相談援助活動ですが、今年に入ってからは相談数も落ち着きつつありますが、最近では、常連様とのやり取りが日常的になっています。

新規の方含め、一人一人のお話をうかがっていて、共通して伝わってくるのは、みなさんとても一生懸命で、真面目で、優しいお人柄であることです。

上手くいかないことがあると、自分を責めてしまったり、過去を後悔されておられます。

周りの友人に話しても、「気持ちを切り替えていこうよ。いいことあるから」と、元気付けてもらえるものの、自分を分かってもらえない虚無感が広がって行くようです。

そのような自己肯定感が失われつつある方々に対して、私は話をうかがいつつ、「あなた様にはこんな良いところがある」という、社会福祉士キーワードでいうストレングス視点、エンパワメントアプローチのようなスタンスで寄り添うように心がけています。

実際私が日々感じるのは、自分を認めてもらいたい、理解して欲しい、話を聴いて受け止めてもらいたいという願望がひしひしと伝わってくることです。

第三者的なアドバイスというものも大切ですが、それ以上に話を聴いてくれる存在を求めているように感じます。

人の話を聴くこと。

当たり前で、日頃から行っているから、特別な技術など不要だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

社会福祉士のカリキュラムでも登場する「傾聴」というキーワードですが、いざ意識しながら実践してみると、容易いものではないと常々感じています。

とめどなく続いていると、話を遮って、自分の価値観を伝えたくなったり、いよいよしんどくなって、態度に示してしまいそうになります。

ぐっと堪える自制心や克己心が課題の一つになってきます。


最後に「話してスッキリしました」「話を長々と聴いてくださり、ありがとうございました」というお言葉を受けると、聴くという、当たり前のように思える作業こそが対人援助においてはいかに重要かを実感します。


私も日々修行中の身ですが、当たり前のように思えることを当たり前にこなすことほど簡単ではないですし、目的を果たす上で、重要であると見にしみて感じています。

努力や物事の本質をつかむためにオススメの本

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
ー頭のいい人だけが知っているーお金を稼ぐ読書術ー33歳で3億円をつくったインプット・アウトプット法ー



株式会社プレミアム・インベストメント&パートナーズ代表取締役の午堂登紀雄氏の著作です。

筆者は、大学卒業後、就職できずに、ようやく見つけた就職先の会計事務所も1年で首になりました。
しかし、めげずに難関の米国公認会計士試験に1年半かけて合格した後に、外資系経営コンサルティング会社で勤務をこなしました。33歳になってわずか1年で、3億円の資産形成に成功しました。

本書では、読書の本質をつかむための着眼点、つまり賢い読み方についてのヒントを多数紹介してくれます。
そして、単なる趣味の読書という観点ではなく、ビジネスでお金を稼ぎ出すための有益な読書術に特化して解説しています。

また、本ができるまでのプロセス、出版業の裏側についても説明しているので、カラクリを学べるきっかけにもなります。

読解力を高めたい方、読書のやり方について深めたい方にはオススメです。


「惜しい努力」で終わらせない思考法 午堂登紀雄

 



「自分はこんなに努力しているのに、どうして結果だ出ないんだ」と、嘆いている方にヒントとなる考え方を示してくれています。

本書では、物事の本質を見極めて、惜しい努力から抜け出すための方法が散りばめられています。

勉強につまずいている人だけではなく、仕事にやりがいを感じられなくて、やる気を失っている人や、フリーター、派遣社員、ニートなどにまつわる諸問題の見方についても言及しています。


私が印象に残った部分は、第五章の「フリーターが日本を救う?」というトピックで、

つまらないと思えば、どんな仕事もつまらないですが、「どうすればもっと早くラクに確実にうまくいくんだろう?」と考えながら取り組むと、驚くほど学べるものです。<P184>

という記述です。

受験勉強における復習や、苦手科目を淡々とこなすのは苦痛が伴ったり、やる気が起きなくなるものですが、少しでも楽に取り組めるような発想を持って取り組むと、脳への定着率が大きく変化します。

本書を通して、物事の常識や生き方について考え直す良い材料になると思います。

国家試験最年少合格者の紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
7歳で「危険物取扱者に合格」

乙種第1、2類に合格した。
すでに乙種3~6類に合格しており、乙種全類の全国最年少の合格者になった。
これまでは8歳が最年少。

本人は、合格を手にして以下のようなコメントを残しています。

「うれしい。将来は化学者になって、まだ正式に発見されていない117番、118番の原子を作り出したい」



引用元:7歳で「危険物取扱者」合格! 最年少記録を更新



気象予報士に最年少12歳が合格 名古屋の中1(2012年)

中学1年男子が4度目の挑戦で、合格率4%の難関、気象予報士試験に合格しました。
最年少記録達成です。

当時の試験の受験者数は3986人。
167人が合格し、合格者の平均年齢は約37歳だった。
これまでの記録は2009年3月に合格した13歳7カ月の男子。


引用元:気象予報士に最年少12歳が合格 名古屋の中1



好きこそものの上手なれパワーは素晴らしいですね。
今年こそ絶対合格!おいでやすカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
社会福祉士をこれから目指す方の為に
第26回社会福祉士試験の自己採点結果を投票してください。
私が一発合格に使用した問題集【2015年版】
資格ブログ
にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
  • ライブドアブログ