社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験に、約40日間の短期集中過去問中心勉強法によって、一発合格できた私の学習方法と受験体験談をお伝えします。
長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスも提供しています。
初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。

ブログ筆者の経歴を紹介します。



高校・大学ともに偏差値50台の中堅校出身。高校時代の3教科代ゼミ偏差値40台でした。


勉強が大嫌いな私は、大学入学後に、無知ゆえに痛い経験をたくさん味わいました。

21歳の時に、「このままでは社会で通用しない」と、手早く自信をつけるために、漢検2級から資格取得をスタート。



漢検2級→秘書検2級→漢検準1級→秘書検準1級→宅建→社会福祉士



という順で、全て過去問中心の独学学習法で合格してきました。

最短合格のために大切なのは要領です。

このブログでは、社会福祉士のみならず、宅建を筆頭とした他資格にも通用する勉強術も併せて解説・紹介します。



「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

社会福祉士本試験終了後から合格発表までの流れ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
今回は、私が受けた第24回社会福祉士国家試験の試験終了後から合格発表日までの流れを振り返ってみました。



試験が終わった後、Twitter、mixi、某巨大掲示板等では、割問、不適切問題の是非、ボーダー予想論が激しく展開されます。


社会福祉士試験の場合、宅建試験のように各資格学校毎のボーダー予想というものはほとんどないのですが、赤マル福祉や講師個人が全体の難易度から見て推定点を立てている年があります。


実際の合格点より高めに発表している年が多いので、ボーダー予想の範囲内に位置する受験生にとっては、合格発表までの約45日間は、底知れぬ不安がつきまといます。


社会福祉士は全体で合格水準の6割を超えていても、1科目でも0点があれば、足切りとなり、不合格なので、割問、不適切問題の有無は死活問題なわけです。

合格発表までが実に長いので、ネット上に相次ぐ心無い煽りや噂をまともに受けてしまうと、心が折れそうになってしまいます。


私は宅建試験の反省から、マークミスの不安だけは残さないように、留意していたのですが、今回は違う不安が残りました。

マークシートの余白に、鉛筆で、薄く解いていない問題の数字を書いておいたのを、すっかり消し忘れてしまったかもしれない凡ミスの可能性が残ったのです。

蓋を開けて見れば、杞憂だったのですが、合格発表までは、見えない不安がどうしても残ってしまったのです。


結果は、自己採点通りでした。


私の経験から、マークミスや自己採点ミスを気にする人間ほど、実際は大丈夫であることの方が多いように感じます。

そして、難化していると言われている回は、やはり合格ラインが低めである可能性が高いです。


第25回の社会福祉士試験は周知の通り、「難しかった」という感想が相次いで聞こえました。


ああだこうだ議論が生まれても、試験というものは、合格発表その瞬間まで真実は分からないことです。


果たして、平成26年度第27回社会福祉士本試験はどのようなドラマが待っているでしょうか。

今日から10月ですね

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
時の流れを日に日に強く感じていますが、今日から10月という新しい月に入りました。


受験は来年ですが、刻々と近づいてきていますね。


社会福祉士受験生のみなさまにとっては、受験日というものを意識しているような時期でしょうか。


まだ勉強を開始していない方、これから始められる方、既に始められている方、それぞれでしょう。


10月から勉強を開始される方もぐっと増えてくる時期であります。




社会福祉士以外の資格試験を受験される予定の方々はいかがお過ごしでしょうか。


今月の19日は、私が3年前に受けた宅建試験日でもあるので、特別な思いがあります。


いずれの資格試験もみなさんの人生の可能性を広げる一歩となりますよう、合格を祈願いたします。

不合格の痛手から立ち直っていない時には

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
ブログをご覧の方の中には、何らかの試験に落ちてしまい、未だに気持ちが切り替えられないまま思い悩んでいる方が少なくはないかもしれません。


自分なりに受験モードで準備してきたのに、不合格になってしまった時のショックや悔しさは、筆舌に尽くし難いものですよね。


私もかつて体験しているので、そのやり場のない気持ちはよくわかります。


誰にも本心を明かせずに、苦悶を抱え続けているかもしれません。


またやり直ししなければならないと思うと、いっそのこともうドロップアウトしたくなる方もいらっしゃるでしょう。


合格しないと生活していけないくらい切羽詰まっていないのならば、諦めて別の道を探すのも賢明な生き方です。


私は一度だけ受験してみたり、テキストを買ってさわりの程度だけ勉強して諦めた資格も多数ありましたが、その理由は、「自分に向いている」「絶対に合格したい」と感じなかったからです。



私が漢検準1級を「あと1点」で不合格になった忘れもしない22歳の出来事です。


その結果を目の当たりにした時、ショックのあまり体に異変が生じてしまい、その場から動けなくなりました。

脳裏によぎったのは、「死」の一文字でした。


夜になって親に介抱されながら、病院の緊急外来で受診してもらいましたが、「極度の精神的ストレスによるもの」と診断されました。


合格に賭けていた分、反動が凄かったことを身を持って実感しました。


立ち直るのに1週間以上はかかりましたが、私は再び受検を決意しました。


一通り凹んだ後に、「なんとしても合格したい」というあの原点が蘇ったからです。




もしも不合格になってしまった後に、未練が残っているようならば、あと一回だけという形でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


資格試験は一部のものを除いて、何回でもやり直しが利くのがメリットでもあります。


不合格に遭ったからといって、自分の人間的価値が下がってしまったわけではありません。


少しでも「次こそは」という気持ちが残っているのならば、ここで目を背けて現実逃避してしまったら、後悔が残るのではないでしょうか。

このブログでも、合格発表後に、3度目で受かった。6度目で受かったという嬉々とした生声が多数寄せられます。

そして、今現在数回目の再チャレンジ中というひとしおの思いを持つ受験生もいらっしゃいます。


みなさんは一人ではありません。


たとえ直接顔を合わせたことがないとしても、ここまでたどり着いた同志がいるのです。


過去から未来へと共に進んでいるのです。


今年度こそは絶対合格しましょう。
今年こそ絶対合格!おいでやすカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
社会福祉士をこれから目指す方の為に
第26回社会福祉士試験の自己採点結果を投票してください。
私が一発合格に使用した問題集【2015年版】
資格ブログ
にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
  • ライブドアブログ