社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験に、約40日間の短期集中過去問中心勉強法によって、一発合格できた私の学習方法と受験体験談をお伝えします。
長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスも提供しています。
初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。

ブログ筆者の経歴を紹介します。



高校・大学ともに偏差値50台の中堅校出身。高校時代の3教科代ゼミ偏差値40台でした。


勉強が大嫌いな私は、大学入学後に、無知ゆえに痛い経験をたくさん味わいました。

21歳の時に、「このままでは社会で通用しない」と、手早く自信をつけるために、漢検2級から資格取得をスタート。



漢検2級→秘書検2級→漢検準1級→秘書検準1級→宅建→社会福祉士



という順で、全て過去問中心の独学学習法で合格してきました。

最短合格のために大切なのは要領です。

このブログでは、社会福祉士のみならず、宅建を筆頭とした他資格にも通用する勉強術も併せて解説・紹介します。



「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

全部覚えないと受からないと思っていたら

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
受験日が近づくにつれて、「〜しなければならない」思考が強くなってくるかもしれません。


目標を掲げて、自分を律しながら根気強く取り組む姿勢は素晴らしいですが、「〜しなければ受からない」という固定観念が植えつくと、モチベーションも低下して、効率が悪い勉強法に陥ってしまう畏れがあります。



代表的なのが、


問題集やテキストは、完璧にマスターしなければならない


という考え方、取り組み方です。



合格するためには、相応の知識量は必須ですが、パーフェクトな学習量は必要ありません。


実際、一冊の問題集やテキストを全部インプットするのは、不可能といっていいでしょう。


150問もの膨大な問題の全てを解けるように仕上げようとしても無理があります。


合格を目指す上では、頻出度や重要度が高い項目を、とりこぼさないことが要になってきます。



社会福祉士本試験の合格基準は6割程度で相対評価調整となっています。


過去のデータを見ても、150点中の90点以下でも合格できています。


残り二ヶ月で、全部覚えないと受からないというような強迫観念に支配されていて、 不安と焦りでやる気が削がれていたら、全部覚えようとしない方が受かるというように少しずつシフトして行かれることをオススメします。

社会福祉士本試験まであと二ヶ月です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
連休が終わり、社会福祉士本試験まで残り二ヶ月に迫りました。


残り○ヶ月シリーズは、来月12月25日のクリスマスで最後になります。

このカウントダウン記事を書く度に、試験がぐっと近づいてきている気持ちが強くなってきます。


11月も末になり、ほとんどの受験生が勉強に着手されていることだとお察しします。


やらなけゃいけないのに、思うように進まない焦りや、果たしてこのやり方で合っているのだろうかという不安に支配されている受験生がそれなりにいらっしゃると想像しますが、その思いを抱えているのはみなさんだけではありません。


私も合格者の多くもそうでした。


不安なのは当たり前。


不安から目を背けないことが、合格へのかけ橋です。


ここまできたら、諦めずに最後まで貫き通されることをオススメします。

もうすぐ12月だけれどもどうしてもやる気が起きなかったら

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
どうしてもやる気が起きない。

勉強していても面白くないし、頭に入らない。

やらなきゃいけない焦りはあるんだけれど。


11月も末に差し掛かっている今、焦りばかりが募るもののやる気が伴わない悶々とした気持ちを常に抱えながら、受験勉強と対峙している方もいらっしゃるのではないでしょうか。


いくら第三者が、「気合いで乗り越えるべし!」という根性論を唱えても、当事者にとってみれば、ノイズにしか聞こえず、ますます追い詰められた気持ちに駆り立てられるかもしれません。


こういう心境の時は、全てが空回りしてしまい、意気阻喪してしまう方が多いでしょう。


このような場面で現状打開するために、万人に通用する特効薬というものは存在しないかもしれません。


しかしながら、今の苦しみは永続的ではないということだけは確かです。


もがいてあがいて、どっぷり自分自身と向き合ってみる。


いっそのこと離れてみて、受験モードを一時停止する。


解決策を模索して、関連書籍を読み漁ったり、第三者に相談する。


とにかく内から出ている感情に目を背けずに、じたばたしてみることで、気持ちが整理できて、勉強が捗るものです。


第25回試験に合格した方で、受験の気分を一新するために、四国遍路の旅に出かけたというエピソードを聴かせてくださった方がいらっしゃいました。

道中で様々な人や環境との出逢いを重ねて、心機一転して新しいスタートを切れたそうです。


時間が用意できるならば、プチ旅行などして、日常の環境から離れてみることも打開策です。


今が上手くいかないからといって、自分を責めないでくださいね。




今年こそ絶対合格!おいでやすカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
社会福祉士をこれから目指す方の為に
第26回社会福祉士試験の自己採点結果を投票してください。
私が一発合格に使用した問題集【2015年版】
資格ブログ
にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
  • ライブドアブログ