社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。
短期集中過去問中心勉強法を基本として私の学習方法と受験体験談をお伝えします。
長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスも提供しています。初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。

ブログ筆者の経歴を紹介します。



高校・大学ともに偏差値50台の中堅校出身。高校時代の3教科代ゼミ偏差値40台でした。


勉強が大嫌いな私は、大学入学後に、無知ゆえに痛い経験をたくさん味わいました。

21歳の時に、「このままでは社会で通用しない」と、手早く自信をつけるために、漢検2級から資格取得をスタート。



漢検2級→秘書検2級→漢検準1級→秘書検準1級→宅建→社会福祉士→精神保健福祉士



という順で、全て過去問中心の独学学習法で合格してきました。

最短合格のために大切なのは要領です。

このブログでは、社会福祉士のみならず、宅建を筆頭とした他資格にも通用する勉強術も併せて解説・紹介します。



「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。

また、コメント欄やメールでの個別学習相談は控えていますので、予めご了承ください。

資格に合格しても大したことがないと言う声はどこでもあるもの

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2000年代前半に、「間違いない」のモチネタでブレイクした、お笑い芸人長井秀和ですが、イメージには合わない意外な資格を取得していることでも知られています。

2011年7月に英検準1級を取得済みです。

現在はタイタンに所属しつつ、都内の外資系企業や保険会社などの法人を対象に週3日ほど英語講師を務めているようです。


当時、英検準1級合格のニュースのコメント欄を見ると、



英検準1級くらいの人間に英語を教えてもらいたくない。


というような、批判的な意見が多数寄せられていました。


この風潮って、社会福祉士試験に対して、匿名のネットユーザーが盛んに揶揄しているあの流れに似ています。


「社会福祉士は誰でも受かって当然だ」


まさにあのお決まり文句を彷彿とさせられました。


英検準1級は国家資格ではなくて、検定試験ですが、その社会的価値は高いです。

大学入試や留学時等の学生生活だけに優遇されるのではなく、公立の教員採用試験で専門科目が免除されたり、資格手当てが毎月支給される企業もあるようです。

長井秀和さんの場合は、英検受検の前に、ニューヨークへの語学留学経験もあり、地力をつけてきました。


資格を活かしている人間を見下すのは誰にでもできますが、実際に合格して生活に役立てている人間は誰にもマネができるものではありません。

意外な資格を取得している芸能人

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

壇蜜さんと言えば、最近めっきりメディアで姿を目にしなくなりましたが、先日徹子の部屋に出演していたようです。

改めて経歴を調べてみると、イメージからはかけ離れた半生を歩んできたようです。



母親の実家がある秋田県横手市で生まれ
幼少期に東京に移り住む。高校卒業後、昭和女子大学へ進学。

大学卒業後、服部栄養専門学校のテクニカルコースにて
調理師免許を取得した後、和菓子工場に就職。
その後、様々な職業を経た上、葬儀の専門学校へ通い研修を受けた。

出典
壇蜜 - Wikipedia


英語の教員免許、調理師免許の他に、遺体修復師(エンバーマー)、日本舞踊坂東流師範の免許を取得しています。

壇蜜さんは今年の6月に株式会社アイブリッジが調査をした「想像の斜め上をいく資格・肩書を持っていると思う有名人ランキング」で1位にも選ばれています。

その背景を知りたい方はこちらのスペシャルインタビューをご覧ください。

最近、タレントのローラさんが生涯学習のユーキャンの学習を半年ほど重ねて食生活アドバイザー検定3級に合格を果たされたニュースが取沙汰されていました。


広告塔のためというような事情もあるでしょうが、資格を取得された人間の動機やその背景を知ると、人生観を見つめ直すような機会にもつながりますね。

1010回目の成功

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote





明日が見えないときキミに力をくれる言葉 (SB文庫)



突然ですが、ネタ切れ危機に瀕しているため、今回は私が扱っている別ブログの記事から引っ張り出してきました。

受験にも共通する点はあるので、参考にはなると思われます。

今回紹介するのは、日本人なら誰もが知っているであろう有名人であるカーネル・サンダースです。



街角でよく目にするケンタッキーの店先で微笑んでいるあのカーネルおじさんです。



今年で没後45年が経とうとしていますが、カーネルさんはケンタッキーフライドチキンのフランチャイルズの創業者でもあります。



カーネルさんはあの笑顔とは裏腹に、想像を絶するような苦労を経験してきました。



自身が編み出したフライドチキンのレシピを売り出すために、100回断られたどころか、


1009回ものNOを突き付けられた来たのです。



カーネルさんが飛び込み営業を始めたのはなんと65歳になってでした。



カフェレストランを運営していましたが、売り上げが激減してしまい、泣く泣く手放すことになりました。


年金をもらえる歳になっていましたが、月にわずか105ドルしかもらえませんでした。



そこで考え付いたのが、カフェで人気メニューだったフライドチキンの作り方を飲食店に売って、


売れた分だけ数セントのロイヤルティを交わすという作戦でした。



年金は車のガソリンに費やして、以後2年間もアメリカ中を横断するようになります。


もちろん、ホテルなどに泊まるお金はないので、車の後部座席がベッドの代わりです。



食事は見本で作ったフライドチキンです。



カーネルさんは1000回以上断られても諦めることなく、一軒一軒レストランを回り続けたのです。



カーネルさんは後にインタビューで、成功した秘訣に対して、



「自分には特別な才能は一切なかったと思う」



と答えています。




ワシはただ二つのルールを守って来ただけなんじゃよ。



『できることはすべてやれ。』




『やるなら最善を尽くせ。』



これが何かを達成するための唯一の流儀じゃないかな。



『最も奉仕する者が最大の利益を得る。』

『我が身の前に他人に奉仕せよ。』




以来ワシは、物事を行う際これら二つのモットーに従うように努めてきたんじゃ。


カーネルのビジネス哲学より


「美味しいもので人を幸せにしたい」という強い信念をもとに、


1000回以上NOをぶつけられても諦めなかった不屈の精神のカーネルさんの半生を知ると、


たった数回で本命の試験を諦めて、可能性を潰してしまうのはもったいないという気持ちになります。

今年こそ絶対合格!おいでやすカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
資格ランキング
社会福祉士をこれから目指す方の為に
私が社福一発合格に使用した問題集【2016年版】
私が精神一発合格に使用した問題集
  • ライブドアブログ