社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。
短期集中過去問中心勉強法を基本として私の学習方法と受験体験談をお伝えします。
長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスも提供しています。初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。

ブログ筆者の経歴を紹介します。



高校・大学ともに偏差値50台の中堅校出身。高校時代の3教科代ゼミ偏差値40台でした。


勉強が大嫌いな私は、大学入学後に、無知ゆえに痛い経験をたくさん味わいました。

21歳の時に、「このままでは社会で通用しない」と、手早く自信をつけるために、漢検2級から資格取得をスタート。



漢検2級→秘書検2級→漢検準1級→秘書検準1級→宅建→社会福祉士→精神保健福祉士



という順で、全て過去問中心の独学学習法で合格してきました。

最短合格のために大切なのは要領です。

このブログでは、社会福祉士のみならず、宅建を筆頭とした他資格にも通用する勉強術も併せて解説・紹介します。



「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。

また、コメント欄やメールでの個別学習相談は控えていますので、予めご了承ください。

全部終えずにストップしてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
勉強を始める前に、「今日は○○ページから○○までやってみよう♪」という具合に、一日のノルマを設定される方は多いと思います。

私も「今日やるページ」、「今日やる分野」を決めてから取り掛かったものでした。

目標を決めて遂行することで、リズムよく学習が捗る効果がありますが、時には、目標を少し修正してみる方法も、脳を活かす勉強法の一つです。



その方法は、キリが悪いところで、あえてその日の勉強を止めてみるのです。


あと1問解けば、その分野の問題が全部終わるというような段階で、1問だけ残して終了するようなやり方です。


このやり方は、勉強につまづいてしまった時などに一旦離れてみて、別のことに取り組んでいると、解決の糸口が見つかるというような体験にも当てはまります。


実は「キリの悪いところ」でやめたほうが効果が高いという観点が心理学的に実証されているそうです。

人間の脳は、他の作業をしていても未解決の問題に取り組んでいて、別の作業をしている間も知らないうちに思考は続いているものらしいです。

また、記憶は寝ている間に定着するとも言われています。

キリの良いところまで仕上がったら就寝するという流れから、キリの悪いところで寝るようにしてみる。 

朝起きてから勉強を再開した際にスムーズに進むのは、その方法が脳にとって効率が良いという説も有ります。


勉強がマンネリしていてモチベーションが下がっている時などに、参考にしてみてください。

石の上にも3ヵ月

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

「石の上にも三年」という有名な諺がありますが、そこまで長期間忍耐を重ねなくても、まずは3ヵ月間継続してみるだけで、成長した自分を確実に感じ取ることができます。


私の所見からしても、戦略的な勉強法で、90日間継続して反復学習を続ければ、合格レベルに到達できる基礎力は培えると見立てています。


3ケ月という期間は、数字にするとあっという間のようですが、実際にチャレンジしてみると、思いのほかしんどくて、先が見えない長い期間に感じる方が多いかもしれません。


過ぎてしまえばあっという間なのですが、特に初学者にとっては、繰り返し学習を重ねるのは面白くないものです。


宅建試験ならば7月から、社会福祉士ならば10月から本格的に勉強を開始する受験生が見られるように、3ケ月のチカラは侮れません。



中卒で元プロキックボクサー、12種類の職を転々とした元落ちこぼれの廣田康之さん著『敗者復活力』の中でも、「どんな人でも一流になれる方法」として、3ケ月で別人になれる大切さを、実体験から説いています。

3ヵ月間だけ、何も考えずにやってみるそうすると、細胞が全て生まれ変わるそして、その仕事や勉強を自然に好きになってしまう と、力説しています。

専門分野の実務経験があるからと油断していると

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
試験は水物

試験には魔物が住む


受験の情報を集めていると、このような言葉を耳にします。

先人たちが残したこの言葉を、実際に、私自身も体験しました。


19科目中、唯一恐怖の1点科目があったことです。


それも、自分の仕事に直結していた専門科目の「児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度」からです。

当時の私は児童福祉事業に勤めていたため、積み重ねた仕事の経験や定期的な研修による勉強会から、この科目だけは自信がありました。


実際にテキストでの学習中も、この科目は正答率も高いですし、親近感が湧いて楽に学べました。

直前にトライした、『福祉教科書 社会福祉士完全合格問題集』の巻末についていた第23回本試験専門科目「児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度」の1科目だけは満点正解でした。


蓋を開けてみれば、第24回本試験では、まさかの自己採点ギリギリ1点です。


試験終了後の感触としては、半分くらい正解している自信があったのにです。


結果的に、この1問が間違っていたら、悪夢の0点科目によって、不合格になっていました。


「仕事で学んだことが全然役に立ててないんだわ」


同時受験した友人の声です。

彼は特養で5年間働いていました。


専門科目の「高齢者に対する支援と介護保険制度」には自信を持って臨んだようですが、自己採点の結果が思わしくなかったようで、凹んでいました。


実務で培う知識と、本試験で求められている知識は異なっている部分もあることを知りました。

たとえ試験前に高得点が取れていても、必ずしも本試験で同じような結果を出せるとは限りません。



会場独特の雰囲気、テキストには載っていない難問・奇問の出題、不安定なコンディションなどが一気に襲ってきて、「思うように解けなかった」と、嘆く受験生の声が、毎年インターネット上で聞かれます。


試験は水物、試験には魔物が住むという比喩は、誰にでもあてはまる可能性があるくらい身近な問題なのです。



自分に自信を持つことは、合格を勝ちとるために欠かせません。

ただし、それを裏付けるだけの学習過程と根拠が揃っていてこそです。

自分にとって都合よく物事を歪める傾向を心理学用語で「セルフ・サービング・バイアス」と言い、自分だけは特別と、甘い評価をくだしてしまう人間は多いようです。


自分の置かれている立場を客観視できるように努め、万全の準備を整えながら、実力を伸ばしていきましょうね。
今年こそ絶対合格!おいでやすカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
資格ランキング
社会福祉士をこれから目指す方の為に
私が社福一発合格に使用した問題集【2016年版】
私が精神一発合格に使用した問題集
  • ライブドアブログ